PaCPA presents International Seminar 2010

世界の有名芸術大学での舞台美術教育の現場を知ろう!!

<優秀な舞台美術家達を育成しているBackground を国際的に探るシリーズそのⅠ>

クリックすると、大きく表示されます。

日時・セミナー講師

2010年9月16日(木)~18日(土) 全3日間
16日:午後14:30~16:30、16:40~18:40 ケート・バーネット教授、ニック・ウラル教授
17日:午後14:30~16:30、16:40~18:40 ピーター・デ・キンペ教授、ショーン・クロウリー教授
18日:午後14:30~17:30 全講師に加えて、日本の舞台美術家、教育者達とのシンポジウム
                パネラー予定者:堀尾幸雄、杉山至、加藤ちか、服部基(敬称略)
3日間とも通訳付

講師紹介

  • Kate Burnett ケート・バーネット
    NOTTINGHAM TRENT UNIVERSITY,ノッティンガムトレント大学、教授、芸術デザイン学部、舞台美術学科、英国舞台美術協会事務局長
  • NIC Ularu ニック・ウラル
    UNIVERSITY OF SOUTH CAROLINA,南カロライナ大学、主任教授、演劇&ダンス学部、デザイン学科、舞台美術家
  • Peter de Kimpe ピーター・デ・キンペ
    Theatre School, Amsterdam School of the Arts,アムステルダム演劇専門学校、芸術監督、主任教授、舞台美術学科、舞台美術家
  • Sean Crowley ショーン・クロウリー
    Royal Welsh College of Music & Drama,王立ウェールズ芸術大学、主任教授、舞台美術学科、World Stage Design2013• 総裁

場所

場所:EBiS303 405号室
〒150−0013 渋谷区恵比寿1−20−8 エビススバルビル 本館4階
JR恵比寿駅東口から徒歩3分
TEL:03-5420-4570 (当日の道順のお問い合わせのみ。内容や参加申し込みについては、PaCPAへお問い合わせください。)

参加費用

3日間通し参加の場合:¥11,000
1日参加の場合:¥4,000

併催セミナー・シンポジウム

「Workshop:ヴェニスのカーニバルへ行こう!!」
<Venetian Styleの Mask & Cloakの製作 – 仮面とロングケープマントの創造>

を同会場にて、直前の9月10日(金)から15日(水)のあいだ開催いたします。ぜひ、こちらもご参加ください。
通して参加いただく場合、合計¥59,000を特別料金¥55,000でご参加いただけます。また、参加記念品を差し上げます。

参加申し込み・お問い合わせ

2010年8月31日(火)までに参加申し込みページからお申し込みください。[締め切りました。]
折り返しPaCPAから、当日持参して頂く用具、参加費振込先などをメールでお知らせします。

お問い合わせは、お問いあわせページをご覧ください。